プロ仕様の最新型リアルタイムGPS全国ドコデモ翌日お届け!

今から00時間000000以内のご注文で最短明日お届け

クレジットカード、代金引換、銀行振込、全国対応、送料無料
オンライン注文
お問い合わせは、フリーダイヤル0120-755-007

GPSレンタルのための通信機器利用規約

お電話・インターネット・ご来店などにてご連絡をいただき、ご注文、また、ご利用された時点で下記内容をご理解、承諾いただいたものとなります。
GPSレンタルのご注文前に必ずお読みください。

通信機器利用規約

GPSレンタルの利用規約

通信機器利用規約(以下、「規約」と記す)は、GPSサービス株式会社(以下、「甲」と記す)の運営するGPSサービスレンタルショップの提供するGPS通信機器及び管理画面(以下、「GPS」と記す)を利用する法人または個人のお客様(以下、「乙」と記す)との間においてGPS利用に関する一切の関係に対して適用します。ご利用前に契約書等を交わすことは行っておりませんので、利用者である乙はGPS注文前に本規約の内容を確認し、承諾したものとします。甲は乙の了承を得ることなく本規約の内容を変更することがあります。変更された利用規約は甲の運営するサイト内に掲示します。乙はこれを承諾するものとします。初回契約期間後に継続での利用(以下、「延長」と記す)を行う場合を含み、甲が乙へ貸出したGPS及び備品の返却が完了するまで本規約は適用されます。

GPSレンタルのご注文

ご注文は、電話またはご来店または甲が定めるインターネットご注文フォームより必要事項を記入して送信して頂きます。未成年者、公序良俗に反する行為に利用される方、予め紛失するとわかる内容での申し込みは受け付けておりません。

GPSレンタルの契約、及び利用期間

電話・インターネット・来店などにて乙より注文を受け、甲がこれを承諾した時点で契約は成立されたものとします。乙が甲の提供するGPSを利用できる期間は初回GPSお届時の通信機器契約書(以下、「契約書」と記す)に記載する利用期間とし、記載された利用期間より変更があれば、変更日からのカウントとし契約書記載の利用期間もそれに伴い変更となります。同時に延長申込期限、返却期限も変更となり、乙は自身でこれらを管理し期限内に延長または返却を行うものとします。利用期間は開始日の午前0時~終了日の午後23時59分までとし、利用期間が終了した時点で位置の取得、検索、履歴閲覧等すべての機能が停止します。利用期間はパック料金として割引を適用しております。乙が利用を途中で中断された場合や、返却された場合でも残りのパック日数分の料金は返金できません。GPSの利用を一切されなかった場合も同様です。履歴の閲覧は利用期間中のみとなります。利用期間が終了し、返却期間に入った時点で履歴の閲覧はできなくなります。利用期間終了後に再度履歴の閲覧をされる場合や、GPS機器の現在位置を知る必要がある場合は利用期間延長のお申込みが必要になります。

GPSレンタルの受け渡し

受け渡し方法は甲の定める方法で受け渡しをするものとします。当ショップにご来店で受け渡し、配送会社を利用してのお渡し(郵便局・クロネコヤマト・佐川急便・バイク便)となります。送料無料の規定は甲の基準とします。乙の都合で緊急のバイク便利用等は、別途費用が必要になります。配送には万全を尽くしておりますが、交通事情等により乙が指定した日にGPS機器が到着しなかった場合でも、甲は一切の責任を持ちません。万が一甲の発送に不備があった場合は同等分の利用日数の追加を行います。

GPSレンタルの提供するサービス

甲の提供するサービスとは、GPS及びインターネット環境下にある端末でGPSの位置を遠隔で見ることができるシステムを提供します。GPSには必ず誤差が生じますが、機種に応じて誤差を軽減する能力が異なるものとなり、使用する機種によっては結果が異なる場合もあります。屋外で精密機械を使用する為、環境に左右されやすく、日によって結果が異なる場合もあります。またGPSの通信環境によっては表示されない地域、時間帯が生じる場合もあります。あくまでも位置情報を遠隔で見るGPSとシステムの提供であり、それら環境により左右されることを乙は理解した上で甲のサービスを利用するものとします。利用推奨環境はブラウザ:Safari・Chrome・FireFox・Internet Explorer・iOS・Androidとなります。その他の環境では正常に表示されない場合もあります。

GPSレンタルのご利用方法

乙は同封の説明書に従いGPSの取り扱いを行うものとします。乙はいかなる場合でもGPSの回収が可能な使用を行い、不具合、電池切れ、精度が原因で万が一回収が困難となった場合でも甲に対して一切の責任を問わないものとします。甲はGPSの設置方法、操作手順のサポートは行いますが、回収サポートは一切行いません。GPSの設置方法の判断には個人差がある為、磁石の付きが悪い場所への設置、マフラー焼け、常時水がかかるような場所への設置、及び乙自身で行う防水対策の甘さが原因で水没する場合もあります。同封の説明書(または、ホームページ)では設置のアドバイスをしていますが、乙自身の判断で磁石の付き、マフラー焼け、水没等を避けて設置、防水対策を行うものとします。GPSに傷が付く為、防水加工の取り外し等でカッターやハサミの使用を禁止します。

GPSレンタルの料金のお支払い

初回ご注文時の料金のお支払は、銀行振込、代金引換、クレジットカード払いとなります。銀行振込の場合、振込手数料は乙の負担となります。代金引換の場合は、一律1000円の代引手数料を料金に加算いたします。クレジットカード払いの場合、決済手数料は乙の負担となります。初回ご注文時のお支払を除く延長、遅延、紛失等のお支払は銀行振込、クレジットカード払いとなり、銀行振込時の振込手数料は乙の負担となります。また、クレジットカード払い決済時の決済手数料は乙の負担となります。入金が確認できるまでは各種手続きはできないものとします。甲の入金確認は銀行振込時平日15時までとし、15時以降に振込をされた場合は次の平日扱いとなります。利用期間、延長申込み期間は乙自身でも容易に計算できる為、銀行振込でお支払日が土・日・祝日と重なった場合でも事前に支払は可能であったと判断し、甲が振込を確認できる平日まではお支払を完了したものとはみなされません。

GPSレンタルの使用期間の延長

乙は返却期限内であれば延長の申込みを甲へ行うことで継続してGPSを利用することができます。前回終了日から間を空けて延長期間を再開することもできますが、日数を空けることができる期間は前回終了日から最大10日間とします。延長再開日の指定はインターネットでの延長または電話での延長時に甲へ申告するものとします。間を空けての延長時は最低2日間の延長プランのご利用となり、1日間の延長プランはご利用になれません。延長の申込み期限は前回終了日から5日以内までとし5日以上経過した場合は延滞金が加算されます。間を空けて延長する場合も同様とします。延長の申込み後、次回延長分の料金を延長申込み期限、返却期限までに支払いを完了させるものとします。支払いが遅れた場合は延滞金1台につき1日3,000円(税別)と延長料金のお支払が必要になります。延滞状態で延長料金のみのお支払が確認された場合、延長の手続きは行いません。甲は延長注文、及び入金確認後最大6時間以内に延長の設定手続きを行います。PM18:00~AM10:00は設定、お支払確認の時間外となります。乙の延長注文、及び入金時刻によっては開始日の途中から設定が反映される場合もあります。その場合でも割引、返金は行いません。当日延長申込、当日再開もできますが設定には時間がかかります。どのような急ぎの内容であっても、お支払確認後、及び事前に延長手続きをされている方を優先して順番で設定する為、設定完了時間のお約束は行いません。お支払完了後、日数を空けずに継続して延長される場合は、特に操作不要で延長期間が開始されます。間を空けて延長を申込みした場合は、乙が指定した日に利用することで再開できます。乙が指定した日より前に利用開始した場合は自動的にその日から利用開始となり、延長再開日の取り消しはできないものとします。

GPSレンタルの請求書・領収書の発行

領収書は初回GPSお届時に同封しています。初回以降の請求書・領収書の発行は、乙から発行依頼があった際に甲は作成するものとする。乙より別途領収書の発行依頼がない限り、銀行振込の場合は振込明細、代引の場合は配送伝票、クレジットカードの場合はカード明細を甲の領収書とします。郵送で請求書・領収書の発行が必要な場合は、発行手数料510円(税込)のお支払完了後に発送となります。代引の場合、領収書の再発行は各配送会社へお問い合わせください。

GPSレンタルの履歴印刷

履歴の印刷はオプション料金のお支払が必要になります。出力内容はホームページ内料金ページに記載している内容以上のものを出力することはできません。出力されるものは乙の利用したGPSの履歴となり、GPS位置の誤差や乙の想定していない履歴内容であったとしても甲は一切の責任を負いません。履歴の受け渡し方法はメール添付または郵送での受け渡しとなります。履歴の発行は利用期間終了後10日前後で甲より発送手続きとなります。履歴の作成にはお時間がかかる為、正確なお届け日等を指定、お伝えすることはできません。履歴印刷は日数プランとセットの為、乙の利用がなく履歴が残っていない場合、履歴の作成、返金、他プラン等への充当は行いません。その場合でも返金の対象とはなりません。延滞、紛失等で代金に未払いがある場合、履歴印刷代を充てることはできません。未払い金が完済されるまで履歴の発行は行わないものとします。

GPSレンタルの機器の不具合

GPSに不具合があると感じた場合は、症状が発生してから5日以内に乙は甲のサポート窓口へ電話またはメールにて連絡を行い、甲は不具合状況を確認後、GPSが原因の不具合であると判断できた場合、乙に対して代替機の発送を行います。状況の確認が不明瞭な場合や、判断に時間を要する場合、また乙に責任があると判断できる場合は代替機の発送は行いません。GPSが遠方にあり、不具合原因が判断できない場合は、乙がGPSを手元で確認するまで甲は代替機の発送を行ないません。乙はこれを了承するものとします。乙の利用方法に問題がある(水没・熱傷・粉塵・破損)場合は乙の責任となり、甲は一切の責任を負いません。不具合の原因がGPSに起因する場合は利用できなかった期間分の日数を追加、または次回延長料金の割引で対応する場合があります。それ以外の原因の場合、追加設定、割引には一切対応できません。長期間不具合が原因で使用していなかった場合でも過去にさかのぼっての追加設定や割引は不具合報告から最大5日前までとします。無償代替交換の条件として、甲から代替機到着後、乙の不具合機を甲へ3日以内に返却手続きを行うものとします。5日以上経過しても乙の不具合機が甲へ到着しない場合は、複数台利用分の料金を6日目から加算請求となります。GPSには必ず位置の誤差が生じますが、製品、サービスに問題があるわけではありません。取付方法、地域性や環境に左右される為、誤差が生じた場合は乙はそれらを変更、調整して利用するものとします。変更、調整をしても改善が見られず、端末の個体差が原因で誤差が生じている可能性があると甲が判断できた場合は代替機をお送りします。GPSに不具合があると判断できた場合に、上記以上の対応及び乙の使用目的に対する賠償等の責任を甲は一切負わないものとします。

GPSレンタルの紛失・水没・熱傷・粉塵・破損

返却時にGPSが正常に稼働している場合でも精密機器の為、水没していた場合は、時間経過と共に錆により機能しなくなります。返却時の甲検査により水没・熱傷・粉塵・破損(以下、「破損」と記す)していることが判明した場合乙の責任となり、他の利用者へ貸出できなくなる為、紛失と同料金のお支払いが必要になります。故障、再使用不可の判断基準は返却されたままの状態で再使用が可能な状態かを判断します。GPSの不具合として代替を行った際に、乙より返却された不具合GPSに破損が見られる場合、不具合原因は乙の利用方法に問題があったと判断し紛失と同料金のお支払いが必要になります。利用中の紛失・破損は利用プラン(履歴印刷も含む)をすべて消化したものとみなします。残日数があった場合でも再度利用する場合は、破損代のお支払い完了後、新たに日数プランのご契約となります。GPSの不具合による代替に、不具合原因が乙の利用方法が原因による破損と判明した場合も同様、利用プランをすべて消化したものとみなし、代替機は甲の指定する日までに返却するものとします。指定日を超えても返却が確認できない場合は、本体全額請求となります。GPSを紛失した場合、乙は甲へすみやかに報告し、紛失代の支払いを返却期限までに行うものとします。遠方で紛失かわからない場合でも必ずGPSを設置した場所を確認後に連絡してください。GPS本体紛失・破損時1台につき、19,800円(税別)<特別仕様は150,000円(税別)>、付属の磁石を紛失した場合9,800円(税別)を返却期限までに支払うことで完済したものとします。付属の充電器は要返却。紛失の支払いが返却期限までにない場合、または返却期限を過ぎてから紛失の連絡を行った場合は本体全額請求となり、GPS本体150,000円(税別)+備品代(税別)の請求となります。返却期限までにGPSを返却したものの甲の点検により乙の利用方法が原因による破損が見つかった場合、機種ごとの紛失代を上限とした修復費の請求を行います。その際、甲が指定した期日までにお支払を完了させるものとし、期日を過ぎてもお支払の確認が取れない場合は、返却期限後の紛失連絡と同様、本体全額請求へ変更となります。カッターやハサミ等の使用を禁止しているにも関わらずそれらを使用し、本体または充電口周りに目に余るキズを付けた場合は、修復費9,800円(税別)を請求致します。万が一充電器、磁石等の備品が初回お届け時に同封されていなかった場合、お届けから3日以内に乙は甲へ申告をするものとします。申告がなかった場合は、返却時にそれら備品が同封されていなかった際、紛失扱いとなります。

GPSレンタルの返却と返却遅延

GPSの返却方法はGPSお届け時の説明書(または、ホームページ)に記載しています。GPSの返却は、利用期間終了後5日以内に甲必着とします。返却とは甲が貸出したGPS及び充電器等の備品を指します。乙の返却時は荷物追跡番号付きの配送方法でこれを返却するものとします。荷物追跡番号付き配送を行わず、甲へ到着しなかった場合は、紛失代、または本体代金全額請求となる場合があります。返却期限までに乙が返却(到着)しなかった場合、また延長申込をしていた場合でも前回利用期間終了日から5日以内に延長料金の支払いが確認できなかった場合は延滞扱いとなり返却または延滞金と延長料金の支払いが確認できるまでの間、本体1台あたり1日につき3,000円(税別)の延滞金を乙に対して加算請求致します。利用期間終了から5日間の期間を設けている為、配送会社が原因の遅延でも甲は乙に対して延滞金の請求を行います。乙が依頼した配送会社に誤配があり返却が遅れた場合は、誤配の証明を乙自身が甲に対して行う必要があります。証明ができない場合は延滞扱いとなり、甲は配送会社に対してではなく乙に対して請求します。配送会社が返却配送中に荷物を紛失した場合、甲は乙に対して、乙は配送会社に対して請求するものとします。

GPSレンタルの問い合わせ

GPS利用に関するお問い合わせは技術的内容を含むため、フリーダイヤルではなく甲指定の技術専用ダイヤルを乙は利用するものとします。乙が技術的内容をフリーダイヤルで問い合わせた場合、甲は技術専用ダイヤルの案内を行い、フリーダイヤルでの回答を拒否することができるものとします。同封の説明書を一切読まずに操作方法等の問い合わせがあった場合、甲は乙に対して口頭のみで正しい説明を行うのは困難と判断し回答を拒否する場合があります。サポートは契約書及び説明書記載のサポート時間内での対応となります。乙の利用に関するお問い合わせ(操作方法を含む)は個人情報の観点から乙本人限定とし、代理人は一切認めないものとします。技術ダイヤルを利用する際に非通知電話、氏名を名乗らない等、甲の質問に対して回答を拒否する者に対して、甲はサポートを拒否することができるものとします。乙の本人確認は甲の規定により判断し、規定内容は乙に公開しないものとします。乙の関係者からの問合せを受け付ける条件は、乙本人から事前に氏名・電話番号情報を甲へ申請されている者のみとします。但し、付属の説明書を一切見ていない関係者からの対応はどのような急を要する内容であっても致しません。説明書が複数必要になる際は乙自身で複製し、関係者へ配布するものとします。

GPSレンタルのキャンセル

発送完了後のキャンセルは乙専用ID、パスワード等を設定します関係上一切お受けできません。機種変更、プラン変更、利用開始日変更、返品も同様に受け付ける事はできません。甲から発送完了後のキャンセルを甲が特例で承諾する場合(乙都合によるキャンセルを除く)は、甲から乙への送料すべての負担と設定費用、甲への着払い料金の合計を一律9,800円(税別)として後日請求とさせて頂きます。銀行振込後のキャンセル時の返金は振込手数料は乙の負担とします。カード決済後のキャンセルはキャンセル処理手数料5%を差し引いた金額を甲またはカード会社を通して返金致します。乙が延長利用する場合、延長料金お支払後のキャンセル、変更は甲の延長設定前であった場合でも延長設定変更の予約を甲は行っている関係上、お受けすることはできません。

GPSレンタルの定期システムメンテナンス

システム及び管理画面の定期メンテナンスを行います。※GPS本体のメンテナンスではありません。メンテナンス時はGPSの利用、管理画面の利用が一時的にできなくなる場合もあります。地域によっては通信回線業者によるメンテナンスも同様に行われる為、GPSが位置を正常に取得できない、または正常に動作しない場合もあります。メンテナンスが終了すると正常に動作しますが、メンテナンス中に閲覧できなかった、また位置の取得が正常に行われなかった場合でも返金は一切行いません。メンテナンスの時期が予め把握できている場合に甲は乙に対してメールでお知らせまたは利用者画面内のお知らせ欄で告知を行いますが、迷惑メール機能等によりメールが届かない場合、またメンテナンス時期を事前に把握できない場合に甲は乙に対して事前にお知らせはしないものとします。

GPSレンタルの支払遅延損害金

延長料金の未払い、ならびに延滞金の支払い、また故障、紛失の支払いがない場合は、支払期日の翌日より完済に至るまで年14.6%の割合による支払遅延損害金を請求致します。

GPSレンタルの不可抗力

GPSシステムは位置情報、通信環境を保証するサービスではありません。場所・時間帯・季節・気温・湿度等により左右されます。GPSの不具合ではなく地域的要因で位置情報が表示されない場合でも返金、交換、最低利用期間の短縮等は一切お受けできません。各地域電力会社等の断線、天災、人災によりGPSが本来の機能を発揮できない期間が生じた場合でも返金はお受けできません。

GPSレンタルの禁止事項

乙または乙関係者による機器の分解、質入、転貸、転売、譲渡は一切禁止とします。第三者に著しい被害を与える目的に利用したりすることを固くお断りします。乙がGPSを利用し第三者と紛争に発展した場合でも甲は一切の責任を負いません。乙の利用が原因で甲の運営に影響が出た場合、甲は乙に対して損害賠償請求を行う場合があります。利用途中であっても乙が公序良俗に反する行為に利用していると甲が把握、判断した場合は、乙の了承を得ることなくGPS機能の停止を行います。甲の判断で乙の注文内容に虚偽(氏名・住所・電話番号)があると判断した場合、甲は乙の利用を停止できるものとし、GPSを甲へすみやかに返却するものとする。その際、甲は一切の返金を行いません。

GPSレンタルの利用有効範囲

本契約は、甲発行乙個人利用の契約限定価格での貸出となっています。本契約端末を、第三者へ貸出、販売することを禁じます。本契約有効範囲は、乙個人の使用に限定されます。有効範囲を超えて利用していることが発覚した場合甲は乙に対して有効利用超過分を過去にさかのぼって請求または乙が利用する甲のGPSシステムならびに全端末の停止措置を行う場合があります。その際甲は乙に対して事前に通知する義務はないものとします。有効範囲外で使用する際は別途費用が必要になります。有効範囲外での利用をされる際、乙は甲に対して事前に申請し、有効範囲外の差額の支払いを完了及び甲より新たな契約書の交付を受ける必要があります。

GPSレンタルの対処

GPSは貸出品です。所有している間は本規約に従い利用を行うものとします。下記の場合に日数料金プラン外の請求を行います。
・返却期限までに返却がない場合
・延長料金の支払いが延長申込み期限内にない場合
・返却された貸出品に不具合、破損が見受けられるとき
・貸出品を紛失した場合
・利用有効範囲外の使用を行った場合
・甲に対して利益を損なう行為を乙が行った場合
・乙が甲に対して未払いがある場合

複数台利用時に乙の利用する他GPSの機能を支払いが完了するまで停止することがあります。その場合でも支払いが行われるまでの間の差額や返金は一切できません。GPSの返却が期限内になされない場合、甲は乙へメール連絡、電話連絡を行う場合があります。乙から甲への支払いが期日内になされない、または連絡が取れないと判断した場合、甲は乙に対して通知することなく下記の対応を行うことに対して乙は同意するものとします。
・レンタル料金が、銀行振込、代引きでのお支払方法の場合、契約者住所へ請求書の送付
・クレジットカード払いの場合、返却期限を過ぎてもご連絡が取れない時点で延滞金の決済またはGPS本体代の決済
・第三者へ乙の債権回収を委託。支払いの確認が取れるまでの間、年14.6%の割合による支払い遅延損害金を追加で請求致します。

乙の利用が原因で第三者へ危害を加え、警察当局による捜査上で乙の情報公開を法律に基づき正式に請求された場合、甲は乙の 情報を乙に通知することなく提供するものとします。GPS機器を警察当局により証拠物件として押収された場合、警察当局は甲へGPSを返却し乙へは返却をしない場合があります。その際、警察当局から甲への返却が返却期限を過ぎている場合、乙は遅延した日数分の延滞金を甲へ支払うものとします。支払い確認が取れない場合はGPS情報及び乙の情報を元に警察署へ被害届の提出を同時に行います。
本来提供しているサービス以上の要求、暴力的発言等を乙が行っていると甲が判断した時点で、乙の同意を得ることなく契約を終了させることができるものとします。

GPSレンタルの専属的合意管轄

本契約に関して裁判上の紛争が生じた場合は、大阪簡易裁判所又は大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。